リコーダー!リコーダー!!リコーダー!!!~前編~

更新日:

初めまして!

リエカワことリコーダー奏者の河村理恵子と申します。

主に鎌倉、横浜等の神奈川県内と都内でもちょこっとリコーダーを教えています。

 

ツンデレ系女子の「萩さん」という秋田犬を飼っています。

なんか文句あっか!

 

2018年11月15日、磯子区の杉田劇場にて第8回河村理恵子門下生グループによる発表会が行われました。

その名も

『リコーダー!リコーダー!!リコーダー!!!』

 

何故このようなタイトルにしたかと言うと「人目を引くようなタイトルにしたかったから」とかそんな理由で、特に深い意味はありません。

な~んだ
萩さん

千枚程のチラシを作り、横浜市内の地区センター等に置いて貰ったり、コンサートのチラシに挟み込んで貰ったりしました。

 

会場の杉田劇場は、JR新杉田駅下車約3分、収容人数300名程のきれいなホールです。

 

今回は8グループが出場、会の締めは参加メンバーによるリコーダー・オーケストラの演奏です。

全部で50名の方達が参加しました。

最年長の暢ちゃん。御年85歳

 

リコーダー製作家の徳永隆二さん

 

朝9時に会場入りし、セッティングやリハーサルが行われました。

生徒さんが手分けをして役割分担をし、働いて下さいました。

舞台監督の上原さん、昼食も食べずにテキパキと動きます。

 

タイムキーパーのヨッシー、真剣にスマホを見ています。

因みにヨッシーは普段は寡黙でひょうひょうとしていますが、お酒が入ると別人に!

二次会にて、tuttiのメンバー上杉さんと

そのエピソード必要?
萩さん

 

ヴィデオとレコーダーをセッティング中のマサル王こと飯塚さん(右)と、執事こと西本さんのお二人。

飯塚さんは上海出張中ですが、この日の為に帰国してくれました。

 

発表会は隔年で行われ、持ち回りで1つのグループが幹事を行います。

今回の幹事はリコーダー大好き仲良し五人組

Fesky5  フェスキー・ファイブ

 

全員猫好き、結束力があり、真面目でチャレンジ精神旺盛なグループです。

アタシ見た目は犬だけど、性格は猫だわん!
萩さん

色々な提案や、綿密な計画に気遣い等、5人という少人数ながら物凄い幹事力でした。

 

13時いよいよ本番です。

トップバッターはFesky5です。

Fesky5

ここ数年は幹事のグループがトップバッターというのが通例になっています。

幹事さんは忙しいですからね。

さっさと演奏を終わらせて仕事に集中したいですもんね。

逆では?
萩さん

プログラムにはそれぞれのグループのメンバーによるコメントが載っています。

本日のラインナップ!

ほっこりバストリオ。

規則に厳しいパーセル先生。

お仕舞はアリソンのフォークソング。

グルーブ感のある演奏を目指します!

 

「フェスキ~~~ ファーイブ!!!

 

J.フック/トリオ No.2 Op.38より1

編成:BBB(B=バス)

楽譜:Arcadian Press

https://www.academia-music.com/products/detail/142631

 

J.フック(1746-1827)はイギリスの作曲家です。

ハイドンの同時代人として当時大変人気があり、各分野に多くの作品を残しています。

 

トリオ No.2 Op.38はフルートの曲です。

この曲をバス5本で演奏しました。

バスリコーダーって意外と音程のアラが目立つので、音程に関してはしつこく言いました(すいません)。

 

演奏会の一発目の曲がバスのアンサンブルというのはインパクトがありますよね。

H.パーセル/『年老いた男やもめ』より

  • 序曲
  • ブーレ
  • スローエア
  • ジーグ

編成:SATB(S=ソプラノ、A=アルト、T=テナー、B=バス)

楽譜:heinrichsfohen&noetzel

http://www.muramatsuflute.com/shop/g/gG25390/

 

H.パーセル(1659-1695)はバロック時代のイギリスの作曲家です。

イタリアやフランスの影響を受けつつ独自の音楽を生み出した、最も優秀なイギリス人の作曲家の一人として知られています。

古楽に親しみのない人には耳慣れない名前かもしれません。

私にとっては大好きな作曲家のうちの一人です。

 

年老いた男やもめ」は劇に付けられた音楽です。

どんな劇かは知りませんが…。

変なタイトル!
萩さん

1楽章の序曲は「レント(ゆっくり)→ヴィヴァーチェ(非常に速く)→レント(ゆっくり)」という風にテンポが変わるのですが、ヴィヴァーチェからレントに戻るのが難しく、ギリギリまで合わせる方法を模索していました。

レントが停滞しないように演奏するのも難しかったです。

ゆっくりな曲は停滞しやすいので如何に前に進めるかが重要です。
リエカワ

ブーレは二拍子の比較的テンポの速い舞曲です。

ブーレの「可愛らしさと軽快さ」を出すよう意識しました。

 

スローエアはゆったりした3拍子の曲ですが、変化をつける為に編成を変えました。

  1. 前半の1回目はソプラノのみ(S)
  2. 繰り返しでバスが入る(SB)
  3. 後半の1回目でテナーが加わり(STB)
  4. 繰り返しでアルトが参加(SATB)

楽譜上では最初から最後まで4重奏なのですが、ソロから始め、最後の最後で4重奏になるというのも面白いですよ。

 

ジーグは非常にテンポの速い8分の6拍子の舞曲です。

メロディは音が跳躍するので難しいです。

必死感」が出ない演奏を目指しました。

結果はオーライ!

ソプラノの高草木さん、お疲れ様でした(司会も有難うございます!)。

声が可愛い!

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1tKF-UzXhcDS08ldbkFky6GwdbKWB-2vG/view?usp=sharing

URLをクリックした後、他のアプリで開いて下さい

A.レウィン/セバーン川の西

  • 岩山の彼方に
  • 白麦に気を付けて
  • 野兎狩り

編成:SATTB

楽譜:Hawthorns Music

https://www.academia-music.com/products/detail/65991

 

イギリスのウェールズ地方の民謡を元に作られた曲です。

ウェールズの犬

ウェルシュ・コーギー

脚の長さがあたしの5分の1しかないやんけ!
萩さん

 

セバーン川というのはイギリスで最も長い川だそうです。

 

1楽章の「岩山の彼方に」の演奏が終わった後事件は起こりました

「ブラヴォー!!!」

そして会場からは拍手が。

 

マジすかっ?!(汗)

 

袖に居たスタッフ、待機していた次のグループは「え?!もう演奏全部終わった?(汗)」と動揺。

 

そう、ブラヴォー要員として仕込んでおいたイワマーニの田頭さんがタイミングを間違えたのでした。

宜しければこちらもお読みください。

フォーラムまつり2018 イワマーニ秋のコンサート

フォーラムまつり2018でリコーダー・アンサンブルグループのイワマーニが秋のコンサートを行いました。
台風24号が接近する中、果たしてお客さんは…?

続きを見る

 

しかし、Fesuky5の皆さん、その後演奏が崩れる事もなく無事終了。

 

田頭さんの掛け声と演奏はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1Ps-KBeptdeBYmro5G_1VfAuSOGbGb1xe/view?usp=sharingj

 

Fesky5の皆さん、お疲れ様でした!

田頭さん、タイミングを間違えたんじゃなくて、演奏が素晴らしかったから思わず声を掛けたのかもしれません。
リエカワ

つきみ野カノン

田園都市線つきみ野駅から徒歩7分程のコミュ二ティ・センターで練習&レッスンをしています。

年に3、4回程の本番があり、発表会の曲に本格的に取り組むのは大体いつも三ヶ月位前です。

 

そんな短期間でも難曲を勢いとパワーで乗り切り、素晴らしい演奏をするグループです。

 

~プログラムより~

今年結成20周年!

幼児からお年寄りまでオファーがあればどこへでも♬

どんな難曲も果敢に挑み勢いのあるカノン(先生談)

今日も楽しくチャレンジ!!

結成20年なんですね~。

昔コミセン祭りに出た時、側にいたおじいさんがメンバーに「学生さんですか?」って話しかけてたな~。

(遠い目)

因みに私はそのおじいさんに「今年は子供が出るのか?」と言われました。
リエカワ

1.D.トンプソン/ジュビリー・ワルツ

編成:SATB

楽譜:ORIEL LIBRARY

http://masaomi-yanagisawa.my.coocan.jp/OL4-catalogue.html

 

外国の遊園地を思い起させるような可愛らしい曲です。

しかし、

ほんわかとしたソプラノのメロディーとは裏腹に、内声のアルトとテナーは細かい音符が続き、終盤は指がもつれそうです!

でもそこは流石カノン、速いテンポにもガッツリついてきました。

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1UmvYQSORkGrTm6ej_SXUkulMNJ6aQrge/view?usp=sharing

URLをクリックした後、他のアプリで開いて下さい

G.F テレマン/『ドン・キホーテ組曲』より

  • 序曲
  • ドン・キホーテの風車攻撃
  • ドゥルシネーア姫に寄せる愛のため息
  • ロシナンテのギャロップ
  • サンチョのロバのギャロップ

編成:SATB

楽譜:heinrichsfohen&noetzel

http://www.gakufu.net/woodwind/recorder/ensemble/rec-ens-telemann.html

 

テレマン(1681-1767)と言えば、リコーダー愛好家に大変人気のある作曲家です。

後期バロック音楽を代表するドイツの作曲家です。

18世紀前半のヨーロッパにおいては随一と呼ばれる人気と名声を誇り、クラシック音楽史上最も多くの作品を作った作曲家として知られています。

ドン・キホーテとは?

スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説。

騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別が付かなくなった郷士が、自らを遍歴の騎士と任じ「ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ」と名乗って冒険の旅に出かける物語。

(Wikipediaより)

へー
萩さん

序曲の中盤はアレグロでテンポが速く、16分音符が続きますが、速い曲の得意なカノン。

堂々と吹きこなしました。

ドン・キホーテの風車攻撃も16分音符が続く速い曲ですが、さらりとこなし、お次はドゥルシネーア姫に寄せる愛のため息。

テンポがとてもゆっくりな3拍子で、ロマンティックなメロディーです。

最後はロシナンテのギャロップサンチョのロバのギャロップ。

軽快な3拍子で可愛らしい曲です。

これは

ロシナンテのギャロップ→サンチョのロバのギャロップ→ロシナンテのギャロップ

という順番で演奏するのですが、最後ロシナンテのギャロップに戻ってきた時にタンバリンを入れました。

指揮苦手だもんね
萩さん

同じ事を2回繰り返してもつまらないから、雰囲気を変えるためにタンバリンを入れたんです

(指揮が苦手なのは本当だけど)

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1oygAFa6Fh7Z0rfIc0Jhz0SIj0Zy25jYZ/view?usp=sharing

3.笛部/こきりこ節

編成:SATTB

 

お客さん達から反響の高かったこの曲。

なんと言ってもアレンジが格好いいです。

これは笛部という北海道で活動しているグループのオリジナルの編曲です。

笛部公式HP

https://whoaboo.jimdo.com/

 

演奏めちゃめちゃ上手いです!

「Aka Tom Bossa」

皆さん、お気づきになられましたか?

楽譜見てないです。

衣装も個性が合っていいですね。

ちょっとコスプレっぽい?

 

数年前にたまたま「笛部・こきりこ節」の楽譜を貰ったんですけど、難しそうだし、手をつけずにいたんです。

今回「カノンなら吹けるっしょ」と言う事でレッスンに持って行きました。

思った通り、見事にまとめ上げて感激!!

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1Va07xJhqlguGD7Hfi8LAgSN_XFlpgU57/view?usp=sharing

 

カノンの皆さま、お疲れ様でした!

meli-melo メリメロ

今回の会の為に急遽結成されたトリオです。

笛力高い系女子3人組です。

なんじゃそりゃ
萩さん

貫禄ありますね~。

因みに左のPさん、3枠出場です。

~プログラムより~

かくれん坊するものこの指とまれ的に集合した、できたてほやほやユニットです。

メリメロ(寄せ集め)ですが、笛への熱い想いを秘めて初参加します。

meli-meloはフランス語です
リエカワ

菊地雅春/かくれん坊

編成:SAT

楽譜:うたえリコーダー~ 日本のうた 上巻~

※廃版

 

噂は聞いていました。

メリメロが(Pさんが)何か企んでるって。

何を企んでいるか、水晶玉占いをするリエカワ

 

この曲の冒頭はソプラノとアルトの掛け合いです。

 

ソプラノ「ソーシーラー(もういいかい)」

アルト「ソーシシラー(まぁだだよ)」

ソプラノ「ソーシーラー(もういいかい)」

アルト「ソーシシラー(もういいよ)」

 

このアルトの部分を会場の席に仕込んでおいたtuttiのメンバーが吹いたのでした。

粋な演出ですね。

掛け合いの後は、16音符の速いパッセージが続きます。
突っ走るとタンギングと指が合わなくなるので冷静さが必要です。

中間部はゆったりしたテンポになりますが、フラットが3つつくので気が抜けません。

その後再び16音符の速いパッセージが続き、最後はゆっくりしたテンポで、それぞれのパートの掛け合いで終わります。

和風の曲ですが、お洒落な編曲です。

H.イザーク/ラ・モッラ

編成:SAB

楽譜:エオリアン・コンソート

https://onedrive.live.com/?cid=7C9129D365E25EBE&id=7C9129D365E25EBE%2113089

 

イザーク(1450-1517)はルネサンス時代の作曲家です。

1484年頃インスブルックの宮廷音楽家として仕え、その後すぐにメディチ家の宮廷音楽家となりました。

多くのミサ曲、ドイツ語歌曲、イタリア語歌曲、器楽曲を作っています。

 

La Morra ラ・モッラは北イタリアにある小さな街です。

葡萄畑の広がる観光地です。

いい景色ですね。行ってみたい!

 

ラ・モッラは器楽曲です。

当時の楽譜には小節線も拍子もありません。

縦をきっちり合わせるとか、拍を正確に取るという姿勢を前面に出すと「なんだかよく分からない曲」になってしまいます。

リエカワ
横の流れを意識して・フレーズを感じながら・抑揚を付けずに・平坦に演奏するといい感じになります。

M.ミーチ/人形芝居

  • 人形芝居
  • 間奏曲
  • ロマンス

編成:SAT

 

ミーチはリコーダー3重奏の曲を多く作っています。

中でも「人形芝居」は最も有名です。

 

とても可愛らしい曲ですが、結構難しいです。

特に1、3楽章が難しいです。

学生の頃よく演奏しましたが、まともに吹けた事がないような…
リエカワ

1楽章の人形劇はテンポの速い8分の6拍子です。

前打音(装飾の一種)がついていたり、裏拍から入ったり、音が跳躍したかと思えば滑らかな進行になったりで気が抜けません。

縦を合わせるのが難しいと思います。

 

3楽章のロマンスは中庸なテンポの3拍子ですが、途中で4拍子や2拍子になったり、裏拍から入ったり、数えにくい休符があったりで、これまたかなりの集中力が必要です。

 

大勢で演奏するには不向きかと思われます。

一人1パートで演奏するのがベストです
リエカワ

メリメロの演奏は3曲まとめてこちらから視聴出来ます↓

 

メリメロの皆さま、お疲れ様でした!

Re☆えびす

河村門下生グループの中で一際異彩を放っているグループ Re☆えびす

よみうりカルチャー恵比寿 Bクラスのメンバーです。

詳しくはコチラ

 

華やかで楽しく、賑やかなグループです。

 

前々回の発表会の時に作ったお揃いの色違いのポロシャツを着ました。

通称「笛汁」が垂れているところまで描かれているという、ディティールに凝ったデザインです。

萩さん
きたねぇっ!
笛汁は水蒸気が液化したものなので汚くありません。
リエカワ

(プログラムより)

微魔女4名、後期高齢者男子1名の5名のアンサンブルグループ。

月2回恵比寿の読売文化センターで、美魔女先生より厳しくも楽しいレッスンを受けています。

 

後期高齢者男子

斎藤恒芳/「キンダーブック」より

  • 燕の国
  • 雨降る夏
  • 算数のテスト
  • 花の容(かんばせ)
  • 室内楽のための習作

編成:SATB

楽譜:RJP シートミュージック

https://recorder.jp/sheet/f009.htm

 

斎藤恒芳さんは、クライズラー&カンパニー(1990-1996)のメンバーだった方でキーボードを担当していました。

 

クライズラー&カンパニー オフィシャル・サイト

http://kryzler-and-kompany.com/#pagetop

葉加瀬太郎若っ!!

しかし、昔から今も一貫して同じ髪型だけど、この先もずっとそうなのだろうか…。

禿げたらどうすんだろ?

どーでもええわ!
萩さん

斎藤さんはご自身でもリコーダーを演奏され、リコーダー・アンサンブルの作品をたくさん作っています。

 

キンダーブックは斎藤さんが子供の頃に作った曲を集めたものです。

この曲集は、僕が8歳から12歳までに作曲していた音楽日記の中から選んだ小曲を集めたものです。

原曲の編成はピアノ曲や弦楽四重奏、ピアノ伴奏の器楽曲がほとんどですが、リコーダーのカルテットに編曲しました。

~中略~

曲のタイトルも、読書ばかりしていた頃の、背伸びした標題ですが、それもそのままです。

キンダーブックの曲はどれも分かり易く美しいメロディーです。

情緒的でエレガントな雰囲気が漂っているのは当時読んでいた本の影響なのでしょうね。

子供の頃から作曲を習っていたようですが、それにしてもこんな素敵な曲を作れるなんて凄い才能です。

 

演奏の音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/10M5hnwFLcks4lb6NiujEugYWfOOP0FnJ/view?usp=sharing

URLをクリックした後、他のアプリで開いて下さい

斎藤恒芳/タンゲーラ1

編成:SATBCB(CB=コントラバス)

楽譜:RJP シートミュージック

https://recorder.jp/sheet/f009.htm

 

こちらも斎藤さんの作品です。

キンダーブックは情緒的な曲でしたが、タンゲーラは情熱的な曲です。

タンゲーラ Tanguera

とは

タンゴ的な

という意味だそうです。

 

この曲にはコントラバスのパートがあります。

組み立てると2メートル以上ある、まるで電柱のようなリコーダーです。

 

私がコントラバスのパートを担当したのですが、楽器を持っていないので、生徒さんにお借りしてほぼぶっつけ本番で演奏しました。
しかし慣れないコントラを上手く吹けず、撃沈↓↓

あんまり音も出なくて残念な演奏に…。

メンバーの皆さん、ごめんなさい!

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/1AajAnoh42xc5sCiLfqS0FhlMNjvXDWQ5/view?usp=sharing

G.マークス&S.シモンズ/オール・オブ・ミー

編成:AATB(CB)

楽譜:Arcadian Press

 

「オール・オブ・ミー」は1931年にジェラルド・マークスとセイモア・シモンズが作曲したポピュラーソングです。

ジャズのスタンダードですよね。

 

リズムが難しく、最初は譜読みに四苦八苦しましたが、ウキウキするようなメロディーと雰囲気は明るいRe☆えびすにピッタリで、楽しく練習出来ました。

本番では途中からお客さんに手拍子を促し、最後はメンバー同士でハイタッチ!

 

ノリノリで終了しました。

(私のコントラもなんとか持ち直しました)

 

音源はこちらからどうぞ↓

https://drive.google.com/file/d/197WeY3rGI6LW82CBxepUQgs1IZq3o_1_/view?usp=sharing

 

Re☆えびすの皆さん、お疲れさまでした!


後編もお楽しみに!

最後まで読んで下さってありがとうございました。

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2018 All Rights Reserved.