フォーラムまつり2018 イワマーニ秋のコンサート

更新日:

 

初めまして!

リコーダー奏者の河村理恵子と申します。

主に鎌倉、横等の神奈川県内と都内でもちょこっとリコーダーを教えています。

ツンデレ系女子の「萩さん」という秋田犬を飼っています。

よろしくな!

 

2018年9月30日台風24号関東地方に接近!

その日は13時から戸塚にあるフォーラムという会場でイワマーニというリコーダーアンサンブルのミニコンサートがありました。

 

朝起きて

こんなんだったらどうしようかと思っていましたが、お日様が出て爽やかなお天気でした。

 

演奏会が終わって帰るまでお天気が持ってくれる事を願いつつ、でっかい太鼓を風呂敷に包んでえっちらおっちら会場まで行きました。

 

会場には数え切れない程のブースが出店し、色々なイベントが行われていましたが、晴れたせいかお客さんが一杯で歩くのも困難な程でした。

 

10分千円の「的中率95パーセント!」という占いをやっていましたが、あまり人気がないのか占い氏のおじさんが一生懸命客引きをしていた姿に哀愁が漂っていました。

つーか公共のイベントで10分千円って高くね?
萩さん

 

リハーサルをしたり昼食をとったりして12時頃演奏会場の音楽室へ入りました。

 

開演一時間前なのにお客さんがちらほらと「まだですか?」と言いながら入ってきます。

 

「お客さん来なかったらど~しよ~」

と心配していたので、皆気持ちが上がって行き⤴⤴⤴

調子に乗って客引きにまで行く始末。

 

今回の本番にはのっていない田頭さんがリーダーとなり、鈴とプログラムを手にメンバーを引き連れて行きました。

田頭さんは独特のユニークなキャラで、イワマーニのレッスンにはたまにしか顔を出しませんが

皆に愛されています。

本人の写真がないのでこちらをどうぞ!

田頭さん似のネパール人の写真

 

客引き効果のお陰でお客さんが徐々に増え

立ち見が出る程の満席状態に!

 

13時本番が始まりました。

 

1曲目の「こきりこ」では生越さんがこきりこを叩いてくれました。

微妙にカメラ目線?不敵な笑みまで浮かべています。

こきりことは?

「こきりこ節」などをうたって踊る際に用いる民族楽器。

長さ7寸5分(約23㎝)に切ったを両手に1本づつ指先でつまみ、回しながら打ち鳴らして踊り歌う。

「こきりこ」は日本の一番古い民謡です。

歌詞の出だしに

「こきりこの竹は七寸五分じゃ

長いは袖のなかないじゃ」

とありますが

「袖のなかない」

とは

「袖の邪魔になる」

という意味だそうです。

 

司会の松野さんのひょうひょうとしたトークがいい味出していました。

 

2曲目は「ピタゴラスイッチ」。

20年も前の曲ですが今でも子供たちに大人気です。

これ曲は可愛いんですけどメロデイのソプラノは難しいんですよ。

特に高いを出すのが難しくて私も演奏する時たまに外します。

リエカワ
外した時は楽器のせいにします。

ソプラノの鹿島さんと南穂子さん、可愛い曲とは裏腹に真剣な表情です。

ピタゴラスイッチで会場のムードが一気に和みました。

 

3曲目はティールマン・スザート戦いのパヴァーヌ」。

ティールマン・スザートルネサンス時代の作曲家です。

パヴァーヌとは?

ルネサンス時代、ヨーロッパ全域に渡って流行した宮廷舞曲。

二拍子のゆっくりとしたペア・ダンスで、良家の娘さんが結婚する時や、高貴なセレモニーで行列を作って行進する時等に使われました。

「戦いのパヴァーヌ」はリコーダー・アンサンブル用の曲としては定番中の定番で、初心者のグループの発表会などでよく演奏されます。

イワマーニも何度か本番にかけています。

戦いの雰囲気を出す為に

太鼓どんどこ叩きます。

お客さんとしては耳慣れない曲だったと思いますが、新鮮な雰囲気を楽しんでいたようでした。

 

お次は楽器紹介です。

メンバーが一人づつ代表でソプラノ、アルト、テナー、バスの紹介をしました。

代表のメンバーは自分で選んだ曲の最初の部分を吹きます。

ソプラノ

「魔女の宅急便」の中のエンディングテーマでも使われている荒井由美の「やさしさに包まれたなら」を南穂子さんが演奏。

なんか可愛い~~

曲そのものも演奏する姿も可愛らしくて、会場は瞬時に

女子っぽいガーリーな雰囲気に包まれました

(本当に?)

 

アルト

イワマーニのご意見番系女子、松永さんが「通りゃんせ」を演奏しました。

ガーリーな雰囲気から一変

落ち着いた「和」の世界へ…

会場は静寂に包まれました…。

 

テナー

田部さんが「ムーンライト・セレナーデ」を披露。

「和」の世界から

ジャジーでアダルトな夜の雰囲気に!

 

バス

最後は大好きなお酒が入ると饒舌になる松野氏が「ゲゲゲの鬼太郎」を演奏。

会場からはかすかな笑い声が…

子供もいたので喜んで貰えて良かったです。

 

4曲目はホルストの「ジュピター(木星)」。

イギリスの作曲家ホルストが占星術における惑星とローマ神話の関係にインスピレーションを受けて作ったそうです。

木星の場合はギリシア神話の大神ゼウスに相当します。
リエカワ

イギリスでは「第二の国歌」と言われるほど親しまれています。

2003年に歌手の平原綾香さんがデビュー曲として発表したことでも知られていますよね。

 

演奏会も終盤に差し掛かり、5曲目は「小さい秋」です。

ソロを吹く鹿島さん、本番直前にも一生懸命練習をしていました。

 

6曲目の「上を向いて歩こう」では途中から鈴を入れたのですが、

鈴を入れて程無くしてから手拍子が!

 

勢いに乗って最後の曲「イエローバード」へ!

 

イエローバードというのは、南国に棲む黄色と黒の小鳥だそうです。

高いバナナの木の上に一羽で止まっているこの鳥に

「お前も一人ぼっちか、俺もだよ。

お前、彼女に逃げられたのか?俺もだよ。」

と話しかける歌です。

歌詞は寂しい感じですが曲調は明るく、演奏会の締めにピッタリです。

 

太鼓と鈴も入って大盛り上がりで終わったのでした。

 

「アンコール!アンコール!」

 

なんと会場からアンコールの掛け声が!

 

「絶対ないだろうけど万一アンコールが来たらやろうね」と決めていたピタゴラスイッチを演奏して終了~~。

 

イワマーニのコンサート 大盛況&大成功~~!!

 

客引きと「ブラボー!」の掛け声をかけてくれた田頭さん

動画を録ってYou Tubeにアップしてくれた池田さん

可愛らしいプログラムを作って下さった阿部さん

会場を盛り上げてくれたり、差し入れをしてくれたり写真や動画を録ってくれたPさん、雅美ちゃん、上杉さん&上原さん

不安定な天候の中演奏を聴きにいらしてくれたお客様

お客さんが集まるよう協力して下さったスタッフの方々

どうも有難うございました!!

 

イワマーニの皆さん、お世話役の松野さん

お疲れ様でした!

これからもイワマーニを盛り上げるべく

頑張りましょう!!!


ほんわかほのぼのグループイワマーニではメンバーを募集しています。

お気軽に見学にいらして下さいね。

イワマーニホームページ http://iwamani.blogspot.com/

 

イワマーニ10周年記念Tシャツ

 

最後まで読んで下さって有難うございました!

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2018 All Rights Reserved.