木製リコーダーの選び方

更新日:

 

初めまして!

リエカワことリコーダー奏者の河村理恵子と申します。

 

ブログを訪問して下さって有難うございます。

このブログの登場人物

リエカワ

神奈川県鎌倉市在住の「端っこ系」リコーダー奏者。

UKロックと赤ワインが日々の糧。

 

萩さん

ツンデレ系女子秋田犬

イケメン男子とガーリーな女子が好き。

 

「そろそろ木の笛が欲しいな」

「木製のリコーダーが欲しいけれどどうやって選んだらいいのかな?」

 

そんな風に思っている方はいませんか?

 

ベストなのは習っている先生に選定してもらう事です。

ですが、先生についていない場合や、先生に頼むのは気が引けるという場合は自分で選ばないといけませんよね。

んだんだ
萩さん

 

基本的には自分の気に入った音色の物を選ぶといいと思いますが、色々なチェックポイントや注意点がありますのでお話しさせて頂きますね。

 

木製リエカワ?

予算

リコーダーの価格帯はソプラノだと数千円~20万円台前半、アルトの場合は2万円台前半~30万円台前半、テナーは5万円台前半~20万円台前半、バスは6万円台後半~20万円台後半です。

 

リエカワがお勧めする大体の予算の目安は以下の通りです。

  • ソプラノ   5~12万円
  • アルト  8~18万円
  • テナー     8~18万円
  • バス       12~20万円台前半

 

高ければいいというものでもありませんが、値段と品質は比例します。

 

あまりにも安い木製の笛を買うくらいであれば「だったらプラスチックでいいんじゃないの?」と個人的には思います。

逆にあまりにも高い笛の場合は「そこまでお金を出すなら個人製作家に作ってもらったほうがいいんでない?」と思いますので、あまり高額過ぎる笛もお勧めしません。

高音と低音をチェック!

高い音と一番低い音が出し易いかチェックしましょう。

 

個体差が結構差がありますので、とても重要なポイントです。

高い音

ソプラノとテナーの場合は、アルトとバスの場合はファです。

運指番号で言うとθ145になります。

 

高い音を出すのが苦手な方は宜しければこちらをご覧下さい。

リコーダーの高い音をきれいに出すための5つのコツ

リコーダーの高い音を「きれいに」出すのって難しいですよね。強く吹くとノイズ交じりの高音になってしまいます。
きれいな高音を出すためには意識しなければならないポイントがいくつかありますので、分かり易く説明します♪

続きを見る

リコーダーでサミングを上手にするコツ

高い音を出すために親指を動かすことを「サミング」と言います。サミングが上手く出来なくて悩んでいませんか?
上手にサミングをする方法を、写真を用いて分かり易く説明致します♪

続きを見る

低い音

穴を全部塞いで低い音が出るか試してみましょう。

 

低い音を出すのが苦手な方は宜しければこちらをご覧下さい。

リコーダーの低い音を出すために知っておきたい4つのコツ

リコーダーの一番低い音が出せなくて困っていませんか?
ただ指を押さえるだけでは音は出ません。いくつかのコツがありますので詳しく解説致します♪

続きを見る

 

K寺さん、ご協力有難うございました!

重さをチェック!

ソプラノやソプラニーノ、バスの場合は気にしなくてもいいですが、アルト、テナーの場合はあまり重い笛ですと長時間吹くと疲れてしまいます。

 

木の材質によって重さは変わります。

 

音色が気に入った場合でも

「この笛で長時間吹き続ける事が出来るかな?」

と想像してみて下さいね。

おらの体重は27キロだ
萩さん

 

木の材質の特徴のリストを作ってみましたので参考にして下さい。

 

軽くて柔らかい(合奏向き)

  • メイプル(楓) → 中~大規模の合奏向き
  • ペアウッド(梨)→中~大規模の合奏向き
  • チェリー(桜)→中~大規模の合奏向き
  • ブラジリアンボックスウッド→まろやかな中にも芯のある音色
  • ヒノキ→張りのある音色。ヒノキの香りに癒されます
  • プラム(すもも)→柔らかく暖かい音色
  • カステロボックスウッド→柔らかな音色

※ブラジリアンボックスウッドはブラジルツゲとも呼ばれます

 

軽くて固い

  • ボックスウッド→クリアで丸みのある音色。最もポピュラーでバランスの取れた無難な素材。値段の幅がかなりある。高額になるほど独奏向き。
  • オリーブ→やや独奏向き
  • ヨーロピアンボックスウッド→独奏、又は2、3人のアンサンブル向き
  • サテンウッド→独奏、又は2、3人のアンサンブル向き

※ヨーロピアンボックスウッドはヨーロッパツゲとも呼ばれます

 

固くて重い(独奏向き)

  • ローズウッド → 音量が豊かではっきりとした中にも柔らかさのある音色
  • ブビンガ→ローズウッドに似た音質
  • チューリップウッド→ローズウッドに似た音質
  • パリサンダー→ローズウッドに似た音質
  • キングウッド →力強く、透明感のある響き
  • エボニー(黒檀)→ 音に芯があり、存在感がある。まろやかさも合わせ持っている
  • グラディナラ→エボニーに似た音質

 

ざっくり言うと色が白っぽい、または薄茶色の木は軽く、赤褐色、黒い木は重いです。

おらは黒虎毛だ
萩さん

 

一般的に

『軽くて柔らかい木は合奏向き、固い木、重い木は独奏に向いている』

とされています。

 

また、リーズナブルな笛は合奏向き、高価になるにつれ独奏向きになる傾向があります。

大雑把に分けるとソプラノは5万円以下、アルトは10万円以下、テナーは13万円以下、バスの場合は15万円以下の楽器はリーズナブル、ソプラノが10万以上、アルトが15万円以上、テナーは17万円以上、バスの場合は20万円以上の楽器が高額な笛になります。

 

 

合奏しかしない方は軽くて柔らかい木でもいいと思いますし、合奏も独奏もしたい方はある程度固さや重さのある笛を選ぶといいでしょう。

 

木の材質についてもっと詳しく知りたい方は各メーカーや楽器店のサイトを参考にして下さい。

 

音程をチェック!

チューニングメーターを持って行って音程やピッチの確認をしましょう。

持っていない場合はお店で貸して貰って下さい。

すいませ~ん!
萩さん

 

チューニングメーターは現在アンサンブルをやっている方や、将来アンサンブルをやりたいと思っている方には必須な物なので出来れば持っていたほうがいいでしょう。

メーカーはKORGYAMAHAのメトロノーム付きがいいと思います。


 

リコーダーは暖かいとピッチが上がり、寒いと下がります。

 

吹いているうちに暖まっていってピッチは上がっていきます。

 

基本的なピッチは440~442HZですが、季節や外気温によって変わります。

ざっくり言うと以下のような感じです。

  • 春秋 441HZ
  • 夏     442HZ
  • 冬     440HZ

 

春や秋でも「冬並みの気温」の時は440HZ、夏のような暑さの時は442HZになりますので臨機応変に対応して下さい。

おら夏は苦手だ
萩さん

 

因みに現代のピッチよりも半音低い『バロックピッチ(415HZ)』のリコーダーというのもありますが、このブログを見ている方のほとんどはモダンピッチ(440~442HZ)をお求めだと思いますので間違えないで下さいね。

気どごつけで
萩さん

 

ピッチが高い笛はジョイント部分に隙間を作る事によって下げる事が出来ます。

隙間を空けるとピッチが下がります

 

ピッチが低い場合は自分で調整する事は出来ません。

調整に出さないと直らないのでお気を付け下さい。

在庫のチェック!

気に入ったリコーダーを見付けたら、同じメーカーの同じモデルの在庫が他にもあるかどうかお店の人に聞いて下さい。

すいませ~ん!
萩さん

 

同じメーカーの同じモデルでも音色や吹き心地、音程等に個体差がありますので、出来れば何本かあるうちの中からよりいい物を選びましょう。

 

 

銀座 山野楽器では在庫のある商品には「ご選定いただけます」という表示がしてあります。

 

表示がない場合でも一応お店の人に在庫の確認をしてみて下さいね。

人気メーカー&モデル(ソプラノ、アルト、テナー)

たくさんある国内外のメーカーの中から人気のあるモデルを紹介します。

 

リエカワがよく利用している銀座 山野楽器にてリサーチしました。

 

銀座さ行ったごどねぁ
萩さん

 

結果は以下の通りです。

 

人気メーカー&モデル

 

では、詳しく検証していきましょう。

タケヤマ

タケヤマは国内のメーカーで、ソプラノは5万円台~11万円台、アルトは5万円台~19万円台、テナーは9万円台~17万円台という価格設定になっています。

※442Hzの値段です

 

リエカワはソプラノとアルトを選ぶ事が多いです。

音に適度なハリと柔らかさがあります。

 

個体によってピッチが低めなものもありますので、メーターでチェックするのを忘れないようにして下さいね。

 

ソプラノは他のメーカーに比べてボディが細いのが特徴です。

 

おっと!

まだ始まった
萩さん

 

向かって左がタケヤマ

 

楽器を手に持った感じやくわえた感じも人によって好みがあります。

因みにリエカワはややボディが細めの楽器が好きです。

キュング MARSYAS(マルシアス)

キュングはスイスのメーカーです。

 

マルシアスはキュングの中でも高級ラインのモデルで、価格はソプラノが6万円台後半~9万円台前半、アルトが13万円台前半~19万円台後半、テナーは19万円台前半~20万円台前半です。

つややかで伸びのある音色です。

 

アルト

 

 

高級ラインとは言え非常に人気があり、某楽器店のリコーダーフェアに行った時店員さんが「すぐ売り切れるんですよ~」と言っていました。

高級リコーダーを買わせるために店員さんが話を盛っていたのかもしれませんが、実際私もよく選びます。

特にアルトを選ぶ事が多いです。

 

キュングは2019年10月には

価格改定で値上がりし、税率も上がるので

買うならですよ!

モーレンハウエル デンナーモデル

モーレンハウエルは伝統のあるドイツのメーカーです。

 

デンナーモデルは18世紀ドイツの製作家J.デンナーのオリジナルモデルを元に製作された最もポピュラーなモデルです。

クリアで澄んだ中にも温かさのある音色です。

 

デンナーモデルの写真がなかったので、デンナーの高級ライン、デンナーエディションの写真をご覧ください。

こちらのモデルもお勧めです。

そうでんなー
萩さん

 

ソプラノ サテンウッド

 

刻印がカッコいいです。

 

サムホールが削れないよう、人口象牙が入っているのが嬉しいですね。

 

モーレンハウエルも2019年10月には

価格改定で値上がりし、税率も上がるので

買うならですよ!

リエカワのお勧めメーカー&モデル

上記人気メーカー以外に、個人的にお勧めなメーカーやモデルを紹介します。

参考にして下さい。

ふざげるな!
萩さん

鈴木楽器

鈴木楽器のリコーダーは音にハリがあり、高音が出し易く、とてもコスパのいいメーカーです。

 

リエカワの生徒さんは鈴木楽器のアルト率かなり高いです(笑)。

高音を出すのが苦手な方には特にお勧めします。

 

基本的には受注生産ですので、お問い合わせフォームからオーダーして下さい。

 

お問合せ

 

深イイ話

82歳からリコーダーを始めたツヤ子さんは、手が小さいのでソプラノでレッスンをしています。

レッスンの初日に、小学校の教員時代に使っていたという化石のような木製のソプラノを持って来ましたが、健康面に害が及ぶと危ないのでプラスチック製のソプラノを購入してもらいました。

 

絶対カビ生えでら
萩さん

 

小指が短く、低いドが出ない事をとても悩んでいたツヤ子さん。

横浜ヤマハのリコーダーフェアで「このソプラノ、ドの音が出し易い!」と選んだのが鈴木楽器でした。

 

とても気に入ったようで、その後違う材質の物を二本購入。

なんと1年の間に3本のソプラノを購入しました。

向かって右がギンさん、左がハマさん

 

それぞれに「ハマさん(横浜で購入したから)」、「ギンさん(銀座で購入したから)」、「まっさん(浜松に会社があるから)」と名前を付けて可愛がっています。

因みに一番可愛いのはハマさんだそうです。

おらは萩さん
萩さん

モーレンハウエル カンタ合奏用 ベントネック G・Fキー付きタイプ(テナー)

手が小さい方にオススメのテナーです。

 

テナーと言えば通常は足部管にしかキーが付いていませんが、このモデルは中部管に2つもキーが付いています。

その為アルト感覚で楽に吹くことが出来ます。

 

更にベントネックと言って頭部管がくの字に曲がっている為、楽器が体に近づき、より楽に吹けるようになっています。

 

店頭ではあまり見かける事がないのでオンラインショップで購入する事が多いです。

 

試奏は出来ませんが、このモデルは個体差がほとんどなく、一定の水準を保っているので今まで特に問題があったことはありません。

 

 


モーレンハウエル・リコーダー 定番機種【カンタ合奏用】 テナーリコーダー ベントネックタイプ G・Fキー付きタイプ 2446KC

10月には値上がりするぞ~
萩さん

モーレンハウエル テナー チェリー

チェリー(桜)の木で出来ている人気のテナーです。

 

 

桜って言うのが女子としては気分が上がりますね。

 

人気の理由は軽さと音色です。

 

持ってみると驚くほど軽いです。

もうホントに紙みたいに軽いです。

ウソづぐな
萩さん

 

「紙みたいに軽いから音もペラペラなのかな~」と思いきや、そんな事はありません。

桜の木で出来ているせいか、魅惑的な女子受けしそうな音色です。

よぐ分かんね
萩さん

 

リエカワが銀座の山野楽器に行った時は10パーセントOFFで売られていました。

※2019年5月14日のお話です

 

ほんのちょっと傷がついているから、との事でしたが音には関係ないですし、お買い得だと思いますよ。

キー付きテナーとキー無しテナー

キー付きとキー無しどちらがいいかと言えば、なんとも言えません。

 

キーのカチャカチャ言う音が気になるようでしたら、キー無しがいいと思いますし。

そこかい!
萩さん

 

指の楽さから考えると一般的にはキー付きが推奨されます。

 

ですが、キー無しでも楽なモデルもありますし、キー付きでもキツいモデルもあるので何とも言えません。

 

指の楽さで決めるのであればモーレハウエルのコンフォートタイプか、ベントネックタイプ キー付きがお勧めです。

10月にはメーカーの価格改定と税率アップで値上がりしますよ~
リエカワ

ベントネックタイプのバスとクルーク付きのバス

バスリコーダーの形には二種類あります。

 

頭部管が「くの字」に曲がっているベントネックタイプ。

ダンディ様、ご協力ありがとうございました。

 

息を直に吹き込む為、音量が豊かで低音がよく響きます。

かなり息を吹き込むので、肺活量と体力に自信のある方にオススメです。

ピッチが下がり易いので、選定の際はメーターで音程を確認しましょう。

 

クルーク(付け替え用の管)付きのタイプ

タケヤマ

 

ベントネックタイプに比べてて音量は小さいですが、音に張りがあり、繊細な表現が出来ます。

肺活量と体力に自信のない方にはこちらをお勧めします。

木製リコーダーを扱っているお店

木製リコーダーを店頭で販売しているお店を紹介します。

 

 

他にも扱っている店があるかもしれませんが、漏れていたらすいません。

わり
萩さん

 

上記の店のほとんどは年に一度リコーダーフェアを開催します。

銀座 山野楽器のリコーダーフェアにて

 

フェアは在庫がたくさんあるのは勿論の事、普段は扱っていないリコーダーや珍しい機種、フェア限定のモデルも出たりするのでオススメです。

店内のほぼ全ての商品が5%~15%オフになりますので(メーカーによって割引率が違います)お買い得です。

 

プロや愛好家によるコンサートやセミナー、リコーダーメンテナンス会等のイベントも行われます。

 

フェアの開催時期は大体こんな感じです。

 

時期が近づいてきたらお店のホームページを見て詳細を確認してみて下さいね。

テレマン楽器三木楽器については自信がないので時々ホームページを覗いて確認して下さい。

オンラインショップで購入する際のポイント

近くに楽器店がなくて、オンラインショップでの購入を検討している方もいると思います。

 

オンラインショップでは残念ながら試奏は出来ません。

そのような場合は選定品を選びましょう。

 

選定品というのは、プロのリコーダー奏者

「この楽器はいい!」

と太鼓判を押した楽器です。

 

店頭ではこのように表示されています。

 

リエカワも選定に行って、結局選定したのが選定品だった、という事はよくあります。

ややこしい
萩さん

 

選定品を扱っているオンラインショップを紹介致します。

宮地楽器オンラインショップ

楽天市場とYahoo!ショッピング
で購入出来ます。

ポイントが利用出来るのがいいですね。

 

以下の手順で選定品を探して下さい。

 

step
1
店を選ぶ

posted with カエレバ

 

いずれかをクリックして下さい。

 

step
2
商品を選ぶ

商品リストの中から気になる商品をクリックして下さい。

 

 

step
3
選定品かどうかチェック

 

このように《川端りさ先生選定品》とあるものが選定品になります。

 

川端りささんとは、毎年11月3日文化の日にヤマハミュージック横浜で行われるLa Stradaのコンサートで一緒に演奏させて頂いています。

La Strada(手前中央が川端りささん)

 

りさちゃん、今年も宜しくお願い致します。

なんでみんなウィスキーたがいでらの?
萩さん

 

ここに注意

(A=415)というのは現代のピッチより半音低いバロックピッチの事です。

 

 

バロックピッチが欲しい方は構いませんが、そうでない方は間違って購入しないよう気を付けましょう。

 

宮地楽器オンラインショップ

posted with カエレバ

山野楽器オンラインショップ

山野楽器のオンラインショップでも選定品を扱っています。

以下の手順で選定品を探して下さい。

 

step
1

こちらをクリックします↓

山野楽器 楽器オンライン通販サイト

 

step
2
「リコーダー」をクリック

画面左手の一覧から「リコーダー」をクリックします。

 

 

step
3
「選定品」をクリック

「選定品」をクリックします。

 

step
4
気になる商品をチェック

商品の一覧が出てきますので、気になる商品をチェックしましょう。

 

木製リコーダーを購入したら気を付ける事

楽器を購入した後に気を付けて頂きたい事が2点あります。

 

  • 吹き慣らし
  • 保証期間内の調整

 

以下で詳しく説明致します。

まずは1日15分から

木製リコーダーは最初の一か月間は「慣らし期間」です。

いきなり長時間吹くのは禁物です。

 

最初の一週間は1日15分、次の一週間は20分という具合に少しづつ吹く時間を長くしていきましょう。

15分以内でも詰まってきたと感じたら、すぐに吹くのをやめましょう。

無理に吹くと笛に負担がかかってしまいます。

 

詳しくはメーカーのサイトを参考にして下さい。

楽器の吹き慣らしについて

 

深イイ話 Part2

鈴木楽器のソプラノリコーダーを1年間で3本購入したツヤ子さんは、少しづつ吹きならしていくよう再三注意したにもかかわらず毎日1時間以上吹いたため、一か月程経った頃に笛にカビが生えてしまいました。

 

被害にあったのは1本目の「ハマさん」でした。

カビを除去する為ハマさんを調整に出しましたが、その間寂しいからと「ギンさん」を購入。

さらに勢いがついて「まっさん」を購入。

向かって左が被害にあったハマさん

 

現在は1本の笛に負担をかけないよう、ローテーションを組んで練習しています。

え話だ
萩さん

保証期間内に調整に出す

購入したリコーダーにはメーカーや購入した店によって期間は違いますが、保証が付きます。

普通は半年か1年です。

 

保証期間内に一度だけ無料で調整を受ける事が出来ますので必ず調整に出して下さい

 

購入した店が遠い等の理由で持ち込めない場合は、郵送で送りましょう。

送る前にはお店に電話をしてその旨を伝えて下さい。


 

いかがでしたか?

お気に入りの笛が見つかるよう是非参考にして下さいね。

 

最後までお付き合い頂き、有難うございました!

 

おまけ

『リエカワの魂を震わせるUKロック Vol.12』

The Style Council/Walls Come Tumbling Douwn!

いつ聴いてもカッコイイ!

ノリノリの曲なのにPVの中のお客さんの反応が微妙なのが気になります(;'∀')

よく読まれています

1

「そろそろ木の笛が欲しいな」「木製のリコーダーが欲しいけれどどうやって選んだらいいのかな?」そんな風に思っている方はいませんか?
選定する際のポイントや注意点、お勧めのリコーダーについてお話しさせて頂きます。

2

リコーダーの楽譜は色々あるけど、何を買っていいか分からないですよね。コストパフォーマンスに非常に優れたソロ用の楽譜を紹介致します。

3

リコーダーの高い音を「きれいに」出すのって難しいですよね。強く吹くとノイズ交じりの高音になってしまいます。
きれいな高音を出すためには意識しなければならないポイントがいくつかありますので、分かり易く説明します♪

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2019 All Rights Reserved.