怒涛のリコーダーレッスン!~with コロナ編~

 

初めまして!

リエカワことリコーダー奏者の河村理恵子と申します。

ブログを訪問して下さって有難うございます。

 

このブログの登場人物

リエカワ

 

神奈川県神奈川県鎌倉市在住の「端っこ系」リコーダー奏者。

二か月ぶりにジムでキックボクシングをしたら、体重増加と共に体力も上がっており、トレーナーに「キックの威力が増しましたね」と言われ、複雑な気持ちに…。

 

萩さん

 

ツンデレ系女子の秋田犬。

ようやくわっぱが取れ、晴ればれとしている。

 

 

緊急事態宣言が発令されてから、ほぼ毎日のように「怒涛のリコーダー・オンラインレッスン!」を配信していました。

読む方も大変でしたよね(;'∀')。

分かっちゃいるけど止められない。

小学生の夏休みの宿題のように「1日でもさぼったら後でツケがまわってくる」みたいな感覚だったんですよ。

 

 

 

緊急事態宣言が解除されてからは

「怒涛のリコーダー・レッスン! ~with コロナ~」

に変更しました。

追記

このタイトルは1回だけで終わりました(;'∀')

 

 

そーしゃるですたんすだべ?
萩さん

 

 

有難い事に、暫くお休みしていた生徒さんから対面レッスンの予約が入り始めています。

 

先生、ご無沙汰しています。
やっと解除になりましたね!
私はこの2か月というもの・・・ごめんなさい。練習していません。
孫の子育てに明け暮れておりました~
本日より手を慣らしていきます。
そんな状態ですが宜しくお願いします。

 

ごぶさたしています。
電車に乗ってうかがいます。
前回が3月25日です。
2か月ぶりです。
楽しみにしています。

 

練習していなのは皆さん同じようなものだと思います。
久しぶりにお会いするのを楽しみにしていますよ~。

 

 

対面、オンラインどちらにも対応しておりますのでご予約お待ちしております。

レッスンの予約

 

 

6月2日午前9時(NY 6月1日午後8時)。

NYのAkiyoさんと中継が繋がっています。

Akiyoさ~ん!

 

 

Akiyo「こんにちは~」

 

Akiyoさんは5月のGW明けから毎週オンラインレッスンを受けて下さっています。

レッスンを行って15分程経った頃、Akiyoさんのスマホからアラームのような音が鳴りました。

 

 

Akiyo「今大変なんですよ~。」

リエカワ「テレビでやってますよ。デモですよね。」

Akiyo「デモと暴動。」

 

政治学者の中林美恵子さんが、根底にはコロナの影響による経済的な不安定さに対する不満や鬱憤がある、とコメントされていました。

経済的な打撃は本当に深刻です。

私のような音楽系もそうですが、色々な業種の方が大変な思いをされていると思います。

オンライン等を使い、創意工夫をしてコロナと共存をしていかないといけません。

あら、珍しく真面目な話になってしまったわ。

 

んだ
萩さん

 

今回もひたすらギースベルトのレッスンです。

「スケレメサゴ(No.82)」という曲があるのですが、どういう意味なのかと思って以前ネットで調べたものの、全く分かりませんでした。

そんな話をしていたら、レッスン後にAkiyoさんがこんなメールをくれました。

 

スケレメサゴはskellemesago とスペルするようです。
それで検索しますと、イギリスのフォークチューン、と出て来ます。
しかし、それがメヌエットとか、ブーレみたいなある特定のスタイルを指すというわけではないみたいです。
なぜなら、検索結果には、ギースベルト教本に載っている曲と同じ楽譜しか出て来ません!
ですので、結局そのスケレメサゴがつまるところ何なのかはわかってないです。
題名つけるのに困って、適当につけたのかも知れない、、、、!

 

どなたか意味の分かる方がいらっしゃいましたらご一報下さい。

 

くいもののなまえが?
萩さん

 

Akiyo「これ見て下さい。なんだと思います?」

 

 

Akiyo「ボードにテニスボールを載せて、裏返しにしてその上に電子ドラムを置くんです。音があまり鳴らないように。今日作ったんですよ。」

 

おお!消音効果があるのですね。

本当に今は創意工夫が必要な時ですよね。

 

 

Akiyoさん、また来週お目にかかりましょう。

 

6月最初の対面レッスンは、アンサンブルTuttiの初美ちゃんとかーさんです。

オンラインレッスンを受けられなかったかーさんを、初美ちゃんが鎌倉の教室に誘ってくれました。

レッスンはTuttiのメンバーの為にライブ配信をする事にしました。

 

カメラに近い事を気にするかーさん。

かーさん「こっちの席だとさぁ、余計大きく見えるね。」

リエカワ「そうだね、遠近法で。」

 

 

90分のレッスンはあっという間に終了しました。

かーさんから頂いたメールです。

 

今回 グノーで一緒のパートの方からの お声掛けで「先生の自宅レッスンが可能」と伺い 3ヶ月間 自己練習のみでしたので ご一緒レッスンさせて頂きました。
最初はドキドキ感でいっぱいでしたが レッスンが始まると集中して 対面レッスンの良さを実感しました。
「アンサンブルって良いなぁ~」と つくづく感じ グループ全員でのレッスン日が待ち遠しいです。
3ヶ月間 1人練習。
さすがに気持ちが弱りかけていた時もあり、今回のレッスンは本当に元気チャージできました。
先生、ありがとうございました❗🎶😊
(涼しげな風が吹き抜けるレッスン室 気持ち良いです)
お声掛け下さったH美ちゃんに感謝です。

 

今月はようやくTuttiの対面レッスンが出来ますね。

皆さんにお会いするのが楽しみです。

 

 

続きましてはのメンバーでもある、すみネコさんのレッスンです。

お休みしていた分もという事で今月3回予約を入れて下さいました。

ありがとうございます。

 

 

レッスン後に頂いたメールです。

 

久しぶりのレッスンをありがとうございました。
二ヶ月ぶりに、リアルな先生にも萩さんにもお会いできて嬉しかったです。
風通しが良くて、気持ちの良いレッスン室🌿
先生の血と汗の結晶のパーテションも飛沫感染予防の役目をしっかり果たしていました。(リコーダーは、飛沫は飛ばないそうですが)
ビニール越しの先生は、平安時代の御簾を隔てた高貴なお方のようでした✨😄

実は、自粛中、笛を吹くことが出来なくて今日のレッスンには不安がありました。
でも、新しいフィンガリングやタンギングによる表情の付け方等等、沢山のことを丁寧に教えていただいて、とても楽しいレッスンでした。
次回のレッスンも楽しみにしています🎶🙇‍♀️

 

すみネコさん、来週またお会いしましょう!

 

皆様ともお会いできるのを楽しみにしております。

対面、オンラインどちらにも対応しております。

レッスンの予約

 

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

 

この記事に投げ銭や、リエカワへの応援メッセージを送りたい方は下記の「リエカワにお布施付きのメッセージを送る」をタップして下さい。

アカウントがなくても大丈夫です。

(アカウントをお持ちでない方は「そのまま次へ」をタップして下さい。)

リエカワにお布施付きのメッセージを送る

スポンサーリンク

-オンラインレッスン, 対面レッスン, 個人レッスン, NYレッスン, リコーダーレッスン

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2020 All Rights Reserved.