怒涛のリコーダー・レッスン!~with コロナ編 Vol.3~

 

初めまして!

リエカワことリコーダー奏者の河村理恵子と申します。

ブログを訪問して下さって有難うございます。

 

このブログの登場人物

リエカワ

 

神奈川県鎌倉市在住の「端っこ系」リコーダー奏者。

蒸し暑い中、マスクを着けたまま修行のようなトレーニングを行っている。

 

萩さん

 

ツンデレ系女子の秋田犬。

わっぱ再装着。

最近は「金食い虫」と呼ばれている。

 

 

Kamakura婦人、対面レッスンの方が増えてきています。

4月から計4回のオンラインレッスンを受けて下さった雅美ちゃんからのメールです。

 

こんにちは❗️
久しぶりに、対面でお願いします。
15:30でよろしくお願いいたします。

 

パソコン越しでは個人レッスン以外にグループレッスン、飲み会と何度もお会いしていますが、対面は久しぶりですね。

 

レッスンはオンライン、対面どちらにも対応しております。

ご予約お待ちしております!

レッスンの予約

 

待ってらぞ
萩さん

 

 

前回のブログで、ギースベルトの面白いタイトルの曲を紹介しました。

怒涛のリコーダーレッスン!~with コロナ編 Vol.2~

続きを見る

 

ギースベルト/アルトリコーダー教本はタイトルだけでなく、解説文にも面白いフレーズが時々現れます。

一番多いのがこちらです。

 

【決めつけ系】

この練習の後なら、次の2つの短い曲は、何の問題もなく演奏出来るでしょう。(P.12)

 

ここまでくれば、ハ長調の三和音の跳躍進行も、かなりきれいな音で吹くことができるでしょう。(P.15)

 

このテクニックが身につけば、自信を持って次のメヌエットに挑戦できるはずです。(P.24)

 

上の練習のあとなら、次の曲も問題なくできるでしょう。(P.27)

 

私たちの指は、もう半音でつかえることもなく、きわめて敏捷に動くようになりましたので、なにかむずかしいことをやりたがっています。

マシュー・デュボーグ氏が次の曲を書いた時も、おそらく同じ考えだったと思われます。(P.52)

 

プレッシャーをかけて必死で練習をさせる作戦でしょうか?

 

「マシュー・デュボーグ氏が次の曲を書いた時も、おそらく同じ考えだったと思われます。」

この世にいない人の気持ちが読めるギースベルトさん。

イタコ的な能力もあるようです。

 

 

やいや~
萩さん

 

「私たちの指は、もう半音でつかえることもなく、きわめて敏捷に動くようになりましたので、なにかむずかしいことをやりたがっています。」

ここまで気をつかってくれるのはある意味親切とも言えますね。

そんなギースベルトさんの優しさを感じるフレーズを紹介します。

 

もっとむずかしいいことをやりたくて、指がうずうずしている人がいるかもしれません。

そういう人たちに次のトリルを進呈します。(P.38)

 

トリルを進呈して下さってありがとうございます!

 

吹いてみましょう。(P.54)

 

はい!吹いてみます。

 

次は、この曲です。(P.54)

 

はい!次はこの曲ですね。

 

どのきょぐだ?
萩さん

 

親切なギースベルトさんですが、時に厳しい要求をする事もあります。

 

17世紀ドイツの写本からのメヌエットを2曲。

リュート奏者が近くにいたら、下段に示したコードに従って、伴奏をしてもらいましょう。(P.30)

 

リュート奏者近くにいないです(;'∀')

ギターじゃダメですか?

 

次の短い曲を、すくなくとも4回演奏しましょう。(P.37)

 

2回じゃダメですか?(;'∀')

 

けっぱれよ
萩さん

 

なんやかや茶化しているようですが、アルトリコーダーの教則本としては定番中の定番です。

何十年も使い続けられているという事は、それだけ使いやすくて内容が充実しているという事なので、今ギースベルトでレッスンを受けている方は是非マスターして下さいね。


 

 


6月に入って上星川音楽院のレッスンが再開されました。

午前10時にやって来たのはいつも明るく楽しいヒロ子さんです。

 

 

ビニール越しだと楽譜が見づらいので、端っこを洗濯バサミでとめました(;'∀')。

テキストは「アルトリコーダー名曲集 デュエット100選/金子健治 編著」です。

リコーダーおすすめ楽譜〜ソロ編(初級~初中級)〜

続きを見る

 

その中から「幸せの黄色いリボン」他数曲を吹きました。

CMでも使われているので、耳にした事のある方も多いと思います。

 

 

あいむ かみんほーむ あゔ だん まいたいむ♪
萩さん

 

バロックに限らず、ポピュラーな曲のレッスンも行っています。

生徒さんの好みに合わせているので、ジャンルの限定はありません。

 

レッスンの動画はこちらからご覧ください↓

幸せの黄色いリボン

 

 

のメンバーでもある牛歩さんは、もう随分長く音楽院に通って下さっています。

10年位になるかしら?

それにしても牛歩って…(笑)

 

 

おらのほうがあしはええぞ
萩さん

 

テキストは「50Airs Anglois」です。

この曲集には最初にソロの短くて簡単な曲が20曲入っています。

楽譜を見る

 

譜面づらはシンプルですが、これは言わば料理の材料で、それを装飾やアーティキュレーションで工夫して美味しい料理に仕立て上げると考えて下さい。

 

 

「なんだかつまらない曲」

「よく分からない曲」

と思っているそこのあなた!

 

曲が魅力的に聴こえるかどうかは、あなたの料理のセンスしだいです!

 

んだんだ
萩さん

 

これが正解、という事ではありませんが、参考までにレッスン動画をアップしました。

興味のある方はご覧下さい。

Air

 

Minuet

 

この日は1人の方が引っ越しの為お休みしましたが、それ以外の方は特にコロナを警戒する事もなく来て下さいました。

 

皆様ともお会いできるのを楽しみにしております。

対面、オンラインどちらにも対応しております。

レッスンの予約

 

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

 

この記事に投げ銭や、リエカワへの応援メッセージを送りたい方は下記の「リエカワにお布施付きのメッセージを送る」をタップして下さい。

アカウントがなくても大丈夫です。

(アカウントをお持ちでない方は「そのまま次へ」をタップして下さい。)

リエカワにお布施付きのメッセージを送る

スポンサーリンク

-対面レッスン, 個人レッスン, リコーダーレッスン

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2020 All Rights Reserved.