ソプラノリコーダーの高いラ、アルトリコーダーの高いレから上の音をうまく出せない方必見! 高い音をきれいに出すための5つのポイント

更新日:

https://www.リコーダー.com/

初めまして!
リエカワことリコーダー奏者河村理恵子と申します。

主に鎌倉、横浜等の神奈川県内と都内でもちょこっとリコーダーを教えています。

リコーダーの高い音…アルトで言えばレより上、ソプラノだとラから上の音を出すのって難しいですよね。

ついつい強く吹き込んでしまい、ノイズまじりのキツイ音になってしまう方も多いと思います。

でもいくつかのポイントをおさえればあまり吹き込まなくてもきれいな高音を出すことは可能です。

水滴を取る

ウィンドウェイに溜まっている水滴を取りましょう。

ウィンドウェイとは「息の通り道」の事です。

貯金箱のような吹き口がウィンドウェイの入り口です。

 

グリーンで囲っているところがウィンドウェイの出口になります。

ここから音が出ます。

ウィンドウェイに水滴が溜まっていると音が出なかったりかすれたりするので、しっかり取ってあげましょう。

音が出ないようウィンドウェイの出口に人差し指を水平にあて、思い切り吹き込むと水滴が取れます。

リコーダーを振っても水滴は取れませんので上記の事を実践して下さいね。

ポイント

しばらく吹くとまた水滴がたまるので演奏中はこまめに取りましょう。

親指の隙間を狭くする

高い音を出す時は左手の親指で穴に隙間を開けますよね。

この隙間が開き過ぎていること音が出ない原因のほとんどです。

隙間は0.5ミリ位だと思って下さい。

5ミリじゃないですよ!

1ミリの半分の0.5ミリです。

こんなもんです。

ほとんど隙間がないのが分かりますか?

親指の爪を使う

隙間の開け方は2種類あります。

  1. 指先を使う
  2. 爪の先を使う

お勧めは爪の先を使う方法です。

指先を使うよりも高音が出る確率がかなりあがるので是非試してみて下さい。

グリーンのラインの辺りを使い、爪を穴に上向きに立てるようにします。

穴を開ける位置は右斜め上か真上です。

ピンクのラインは右斜め上

グリーンのラインは真上です。

 

注意ポイント

親指の爪は短めに切りましょう。爪が伸びているとうまく隙間を開けられません。

やや軽めに音を出す

高音は強く吹かないと音が出ない

と思っていませんか?

強く吹く雲のイラスト

確かにある程度スピードの速い息は必要です。

 

でも上記の事が上手く出来れば軽く吹いても音は出ます。

強く吹き過ぎる事が原因で音が出ないことは結構あるんですよ
リエカワ

試しにいつもより少し軽めに音を出してみましょう。

もしそれで音が出なかったら少しだけ息の量を多く入れてみて下さい

息の量を少しづつ少なくしたり多くしたりしながらどれ位の息の量で音が出るかチェックしてみてください。

リエカワ
なるべくノイズの少ないきれいな高音を出すよう心掛けて下さいね

タンギングは「テュー」

タンギングは「トゥー」よりも「ュー」がお勧めです。

「トゥー」だと音がきつくなってノイズが目立ってしまいます。

テュー」と発音することによってクリアで細い音を出す事が出来ます

タンギングは軽く発音して下さいね。

強く発音するとノイズの原因になります。

それでも音が出ない場合

木製リコーダーの場合は、調整に出す事で色々な不具合を改善する事が可能です。

楽器店に持ち込むか、郵送して調整をして貰いましょう。

お店の人には「高い音が出にくいので調整をお願いします。」と言って下さい。

他に気になる事があればその事も伝えておくといいでしょう。

 

リコーダーの調整を受け付けているお店をいくつかあげます。

ヤマハ銀座店
管弦打楽器
TEL:03-3572-3134
https://www.yamahamusic.jp/shop/ginza.html
ヤマハミュージック横浜店
管弦打楽器・ギター/管弦楽器リペア
045-311-1201
https://www.yamahamusic.jp/shop/yokohama.html
銀座 山野楽器
03-5250-1062
https://www.yamano-music.co.jp/shops/ginza/
宮地楽器 小金井店ショールーム
042-385-5585
https://koganeishop.miyajimusic.jp/

上記以外のお店でもリコーダーの調整を受け付けているところはあります。

お店に電話で確認して下さい。

購入店でなくても大丈夫です。

 

調整に出してから戻ってくるまで約2週間程かかります。

立て込んでいると一か月位かかることもあります。

急いでいる方はその辺り確認して下さい。

 

費用は4千円から6千円といったところでしょうか。

症状が軽ければ4千円前後、重症の場合は6千円以上になる事もあります。


 

水滴を取る

親指の隙間を狭くする

特にこの2つの事が大事なので頭に入れておいて下さいね。

Copyright© 怒涛のリコーダーブログ! , 2018 All Rights Reserved.