親愛なるギースベルト様へインタビューをしてみました

https://www.xn--tck0a2izcb.com

 

初めまして!

リエカワことリコーダー奏者の河村理恵子と申します。

ブログを訪問して下さって有難うございます。

 

 

このブログの登場人物

リエカワ

神奈川県鎌倉市在住の「端っこ系」リコーダー奏者。

夏の間毎日履いていたピンクの短パンを卒業し、最近はCHANELのサーフパンツ(頂き物)を履いている。  

 

萩さん

ツンデレ系女子の秋田犬。

最近散歩をしていると「頑張ってね!」と言われる。

 

 

執事さん

会計、録音、写真撮影等様々な業務をテキパキとこなす自称「AI執事」。    

 

 

皆さんは夢を見る事が多い方ですか? リエカワは毎日夢を見ます。

眠りが浅いんでしょうね。  

 

先日とても不思議な夢を見ました。

ギースベルトにインタビューをする夢です。  

 

それはまたなんとも言えない夢ですね
執事
んだな
萩さん

 

ギースベルトと言えば、今も昔も世界的にベストセラーのアルトリコーダーの教則本の著者として知られている方です。

 

あと少しで終わります
執事
けっぱれよ
萩さん

 

レッスンでは欠かせない教本なので毎日のように手にしています(毎日でもないけど)。

ボロボロになってしまったので2冊目を購入して使っていますが、

そちらもボロボロです(;^_^A。

 

そこにあるのが当たり前でもはや空気のような存在?  

 

そんなギースベルトの教本は個人的にツッコミどころが満載です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

上星川音楽院 2か月ぶりのリコーダーレッスン! 牛歩の歩みと黄色いリボン

続きを見る

 

リエカワのギース(普段は勝手にこのように呼んでいます)のイメージは、

真面目だけどちょっとお茶目なところもあるドイツ人。

 

前置きが長くなりました。

では夢で見たギースのインタビューをご覧下さい。  

 

 

日本の皆さんもよく使って下さっているようで嬉しいです。

ーー本日は宜しくお願い致します。初めてお目にかかりましたが、なんとなく想像通りの風貌の方でした(笑)。 ギースベルトさんのアルトリコーダー教本は1937年に出版されました。80年以上経った今でも最もポピュラーなアルトリコーダーの教則本として親しまれています。本当に凄い事ですよ。

ギースベルト(以降ギース) ありがとうございます。日本の皆さんもよく使って下さっているようで嬉しいです。

ーー日本語版は1978年に出版されました。ところで今おいくつですか?

ギース 1896年にライン川沿いにあるノイヴィートという町で生れました。生きていれば125歳です。  

スポンサーリンク

河村理恵子

小学5年生よりリコーダーを始める。 桐朋学園大学音楽学部古楽器科卒業。 同大学研究科修了。 リコーダーを肥塚賀津子、島田暁子、山岡重治、花岡和生の各氏に師事。 NHK教育テレビ「うたえリコーダー」 「趣味悠々」等に出演。 CD「トッカータとフーガニ短調」(アントレ古楽コレクションズ)に参加。 教育出版社「音楽のおくりもの(小学3年生)」に掲載。 吉澤実主宰「La Strada」メンバー。 大人のためのリコーダー教室「Kamakura婦人」主宰。 よみうりカルチャー恵比寿、和田町音楽院、上星川音楽院、弘明寺音楽院、東京リコーダー協会講師。 神奈川県鎌倉市在住

-ギースベルト, 教則本

© 2022 怒涛のリコーダーブログ! Powered by AFFINGER5